【まとめ】ドローン初心者が 最低限知っておくべき知識

ドローンって最近よくテレビとかで見るけど、
飛ばすのになんか決まり事とかあるのかな?

ドローンには、200g以上の物なら、航空法が適用されるんだよ。

きちんと決まりを守れば、あなたも飛ばすことができるんだよ!

ただし、国土交通省がドローンの規制強化に向け、
機体の重量の基準を200g以上から100g以上に変更を検討しています。
まだ、検討中なので、大丈夫ですが、今から
趣味などで航空法に縛られたくない」ような方がドローンを購入しようとしている方には、
100g以下のドローンをオススメするよ。

 

 

□記事の内容
  • 無人航空機にかかわる法律
  • 注意すべき自然環境
  • 緊急時の対応

 

以上の3つを知っていれば、あなたもドローンを飛ばすことができるようになります。

スポンサーリンク

こんな人におすすめ

    • 本格的に、飛ばしたいけどドローンのことよくわからない方
    • ドローン買ったけど決まり事がわからない方
    • これからドローンを買おうと思うんだけど、決まり事ってあるのかな。と思っている方
    • ドローンに興味がある方

あなたもこの記事を読んでドローンのことを知ったら、
あなたもドローンに夢中になっちゃうでしょう。

無人航空機に関わる法律

航空法の罰則について

許可を受けずに(A)(B)(C)の上空を飛行させた場合は、50万円以下の罰金
※(A)(B)(C)については後ほど飛行禁止区域の図にて説明します。

その他、禁止事項を行った場合や遵守事項を守らなかった場合は、
すべて30万円~50万円の罰金とされています。

航空法

航空機の航行の安全と航行に起因する障害の防止を図ることを目的とした法律です。

「航行」とか「起因」とか難しい言葉使われると、内容は入ってこないよ!

飛行機やヘリコプターなどの飛行の邪魔にならない様に、
決めごとを守りましょう。
と言っております。

 

対象になる無人航空機は、ドローン(200g以上)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプターなどが該当します。

ドローンやラジコン機であっても重量が200g未満のものは無人航空機ではなく「模型航空機」に分類されます。

 

模型航空機とは、
ゴム動力模型機、重量(機体本体の重量とバッテリーの受領の合計)が200g未満のドローン、ラジコン機は、航空法上「模型航空機」として扱われ、無人航空機の飛行に関するルールは適用されず、空港周辺や一定の高度以上の飛行について、地方航空局の許可などを必要とする規定のみが適用されます。

飛行禁止区域

飛行機などの航空機に衝突する恐れや、落下した時に地上にいる人などに
危害を及ぼす恐れが高い空域として、無人航空機の飛行は原則として禁止されています。
たとえ、私有地であっても下記の参考資料の(A)(B)(C)に該当する場合は、許可が必要になります。

飛ばしたい場所の人口集中地域の確認がしたい場合は、以下のリンクから確認できます。
リンク:国土地理院

禁止事項や遵守事項

禁止事項を行った場合や遵守事項を守らなかった場合は、すべて30万円~50万円の罰金とされています。

  1. アルコールや薬物摂取時の飛行の禁止
  2. 飛行前後の機体の点検義務
  3. 他の飛行物との衝突の予防義務
  4. 危険な飛行の禁止
  5. 夜間飛行の禁止
  6. 目視外飛行の禁止
  7. 人または建物との距離が30m未満での飛行の禁止
  8. イベント上空の飛行の禁止
  9. 危険物輸送の禁止
  10. 飛行中の機体からの物件投下の禁止

小型無人機等飛行の禁止

小型無人機とは、いわゆるドローンです。
構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作または、自動操縦により飛行させることができるもの。

小型無人機逃避行禁止では、国の重要施設など、以下の場所とその周辺約300mの範囲が飛行禁止区域として規定されています。

〇国の重要施設

国会議事堂
内閣総理大臣官邸
その他の国の重要施設など
外国公館など(要人来日により飛行禁止区域が指定されることがある)
原子力事業所

〇防衛関連施設

自衛隊施設
在日米軍施設

〇東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会関連施設

大会会場
空港

注意すべき自然環境

雨の影響

降雨の際は、機体のすき間や吸排気口から水滴が内部に入り込むため、原則的に飛行できません。

霧(雲)の影響

大気中の小さな水滴が機体の内部に入り込み、機体に悪影響を及ぼすことを念頭に置いておきましょう。

雪の影響

雨と同様に影響があることに加え、気温が低いことが想定されるので、その対策も必要になります。

※ドローンのバッテリーは、バッテリー温度が15℃以下、もしくは50℃以上で性能が著しく低下します
使用前には必ずバッテリー温度が20℃以上であることを確認してください。

雷の影響

直接の落雷はもちろん、周辺に強い電磁ノイズを発生させるため、電磁障害を引き起こします

※ドローンには、極超短波(UHF:Ultra High Frequency)という電波を使用しており、携帯電話や無線LAN(Wi-Fi)、電子レンジ、地上デジタル放送、Bluetoothなど幅広く使われています。

緊急時の対応

機体の姿勢や向きの情報喪失

飛行中に機体のの姿勢や方向を見失ったら、さぐり舵をいれます。
例えば、
機体の向きがわからなくなったら必ず右に舵を切るなど、いつも同じやり方で脱出する訓練をしてください
習慣づけておくと、機体の挙動が判断できるようになります。

緊急退避

緊急時などのいざというとき、人は指一本程度しか動かすことができなくなります。
万が一の時に備え、飛行前に緊急退避場所と退避方法を決めておき
指一本で送信機を操作して対応できるように訓練しましょう。

緊急停止

緊急停止とは、その場でプロペラを停止して墜落させることです。
緊急停止のやり方は、機体によって異なります
飛行する機体の緊急停止の方法は必ず把握しておき、すぐに対応できるように練習しておきましょう
プロペラが外せるタイプなら、外し安全を確保された状態でモーターを回して緊急停止の操作を確認します

コメント

タイトルとURLをコピーしました