”仕事”を考える

スポンサーリンク

そもそも職業とは

職業は日常的に従事することや業務や労働など、技術、知識、能力などをまとめた一群の職務のこと。職、生業、仕事とも呼ばれ、日本では労務に従事することを就職、就労という。生計を立てるための仕事も職業とされる。

生きていくためのお金を得ること

多くの人はお金のために働いてると言っても過言ではないと思う。家賃や水光熱費、食費なども自分の生活を維持するためには必要なもの。

生きるとは、生命維持という意味もあるが、最低限、人間らしい生活をするという意味。人間らしく生きるためともいえる。

社会での役割を果たすこと

社会の役立つものでなければ会社は成り立ちません。社会が安全で快適に、幸せに動くために必要なもの。仕事の目的は社会の役に立つためと言えるでしょう。

 

時に格好悪い場合もあること

世の中には華やかな職業もあります。隣の畑はきれいに見えるもの。だが、仕事で華々しい活躍というのは普段の仕事の中であまり望めるものではありません。地味な作業の繰り返しでミスをすることもあることだ。ミスをすることは格好悪いことですが誰でも人間ならミスはします。ミスをしたときに速やかに上司に報告して問題を大きくしないことが重要になってくる。

 

コミュニケーションや上下関係が重要

必要なことを伝え合うことで仕事がスムーズになる場合があるし必要な一言を言わないことで反対にスムーズな業務が難しくなる場合もある。組織で働くことを決めた以上は、周りとのコミュニケーションや上下関係は仕事をする上で重要なことだ

 

自分自身が成長するためもの

知識も経験も備えると、いずれ役立つときは必ずやってくる。それらは、人生で大きな武器になる。仕事とは、社会を広く知り自分を幅広く成長させること。

 

能力を上げ、自己実現のため

判断力や協調性、意思決定や奉仕の心など自己実現に向けた成長をする。仕事の目的における能力というのは、人間力のこと。それぞれの人生の目的を達成するために仕事をし、同時に自己実現を目指すのが仕事の目的でもある

自分の仕事への原動力はこの自己実現だ。
不労所得を実現させ、趣味や家族のための時間を最大化するのが夢。

 

没頭して人生を楽しむため

何か一つでも没頭して極められるものは必要不可欠。して、企業でも、それに特化した人、スペシャリストになれるような人材を探している。特別な能力はなくても”働き続ける” ”没頭する”という簡単なようで難しいことを、楽しみたいという人もいるという。もし、没頭できる生きがいのような仕事がみつかれば、楽しい人生を送れるものだ。

 

結論

仕事は自身の生計を立てるための行為であり、人間らしく生活ができ、贅沢するのは二の次だ。今の仕事がどうしても合わないということであれば選び直すだけの話だ。生計を立てるのに効率的なのはお金という収入を得ることで、仕事はその方法でしかない。会社という組織の中で働くことだけが仕事でもない、仕事の仕方は自由。自分には何ができて、何ができないのかを、仕事について今一度考え直すことが必要。

コメント

タイトルとURLをコピーしました