【コツ】リモートワークのポイント

 

スポンサーリンク

結論

落ちこぼれてしまう危険性を回避するには、
目標設定をしっかり行うかが成果に結びつくコツとなる。

社内ニートが生存危機⁉

富士通などがオフィスの規模を半減すると発表し、注目を集めている。
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、従業員が勤務形態がテレワークが基本となり
業務内容に合わせて、自由に働く場所を選択できる勤務形態にしている。
その反面、これまで以上に生産性を発揮しなければならない状態だ。
職責をめいかくに定義してそれに応じた報酬設定と人材配置を行うジョブ型人事制度
の導入の影響だ。
通勤がなくなり基本的には、働き方の自由度が高まり働く人にとってメリットになる。
しかしこの働き方でデメリットが生じてしまう人がいるのは確かだ。
企業は大きければ、自分のミッションやクリアすべき目標が明確でない人などが散見される。
また、会社自体がのんびりしているケースもある。
こうした、のんびり社員は転職市場でも価値が失ってしまう
目標なく成果も上げてきていない人は時代に取り残される危機を持つべきだ。

目標達成のポイント

リモートワークでの目標を達成していくには、セルフマネジメントが重要になっていく。
会社にいれば、上司に進捗状況を聞かれたり、バリバリ働く同僚の姿がプレッシャーになったり、
外部から活を入れられたりあるが、自宅での仕事はそうした機会がない。
日々の目標設定を立てるのには、コツがある。
それは「今日はこれをやろう。」と意気込むのではなく、「今日はこれを終わらせる。」
という設定だ。
着実にやり遂げる意識を植え付ける必要がある。
PDCAサイクルを自分で回して、適切なものを設定していこう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました